OverTheBorder

『BACARDÍ “Over The Border” Launch Party』出演者を一挙に紹介

6月29日(木)東京・日の出TABLOID、7月1日(土)大阪・クリエイティブセンター大阪にて開催!

6月29日(木)東京・日の出にあるTABLOID、7月1日(土)大阪・クリエイティブセンター大阪で開催される『BACARDÍ “Over The Border” Launch Party』。

 

その全出演者を一挙紹介!

 

【TOKiMONSTA】
Brainfeederが認めた“初”の女性アーティスト

女性アーティストが台頭中のダンスミュージックシーンだが、なかでもトキモンスタは特異な存在と言えるだろう。彼女は主にビートミュージックのフィールドで活躍し、ディープで実験的なサウンドのなかに女性らしいセンシティブな要素をも併せ持つ個性派として大きな注目を集める。そんな彼女の名が世界的に知られるようになったのは、奇才フライング・ロータス率いるBrainfeederに仲間入りした2011年。LAビートシーンを象徴するパーティ『Low End Theory』を沸かせていた彼女の名声がフライローのもとに届いたことがきっかけだった。同レーベル“初”の女性、それは彼女が概念を超えた存在である証だ。最新アルバム「FOVERE」ではネクスト・ケンドリック・ラマーとも称されるアンダーソン・パックと共演するなど、今後も目が離せない。

 

【SOFI TUKKER】
ボサノヴァとハウス、異なる才能の混合体

ブラジルのボサノヴァに影響を受けたギタリストで歌手のSophieとハウスDJのTuckerが2014年に結成した男女混合デュオ。2人が一躍脚光を浴びるきっかけになったのはデビュー曲の“Drinkee”。マッシブなハウスビートにブラジルの詩人シャカールの詩を引用したというポルトガル語のリリックが呪術的に響きわたり、なおかつスパニッシュギターのフレーズが異国情緒を添え、その中毒性の高さでまたたく間に世界的なヒットに。のちにグラミー賞の最優秀ダンス・レコーディング賞にノミネートされたことからも楽曲のクオリティの高さはお墨付きといえよう。2人はその後もホーンきらめく“Matadora”やアコースティックなハウストラック“Awoo”など、ダンスとワールドミュージックを経由したサウンドでジャンルの枠を超えた音楽的ケミストリーを起こす。

 

【Anna Straker】
野心と確かな実力を兼ねる若きシンガーソングライター

イヤーズ&イヤーズやルディメンタルといったダンス〜ポップシーンのアーティストのバックコーラスとしてキャリアをスタートさせたアンナ。ソロアーティストとして野望を抱き17歳で学校を辞めロンドンへ移住、自身で作詞作曲、ボーカルを務めた“Late Night Swimming”で2016年にデビュー。R&B〜ソウルを聴いて育ち、10代でジェイムス・ブレイクやジェイミーXXといった才能たちに影響を受けた彼女が紡ぐのはヒップホップやソウルの要素を感じさせるダンス・ポップ。それはうるさ方の批評家をも魅了し、大きな成功を収めたデビューシングルに続きリリースされた“HowWeAre”は同世代の若者に対し、盲目的にルールに従うのではなく自ら率先して動くことの大切さを説く。しがらみに囚われずルールを破壊し壁を破る無鉄砲さは若さの特権だ。彼女はその意味で類まれなエネルギーを持っている。

 

【Ei Wada’s Braun Tube Jazz Band】
家電を楽器にリサイクル、和田永率いるブラウン管バンド

音楽とアート、2つの領域で活躍する和田永はレトロ家電を楽器に作り変えて演奏するアーティストだ。彼はテープレコーダーでアンサンブルを奏でるOpen Reel Ensemble や、黒電話のベルを電子制御して音楽を作り出す黒電話リズムマシンなど、既存の概念を超えた独自の発想でパフォーマンスを敢行。その活動は高い評価を受けISSEY MIYAKEのパリコレクションの音楽を担当するとともに、バルセロナの祭典『Sonar』やオーストリアの『Ars Electronica Festival』などでも活躍。今回披露されるBraun Tube Jazz Bandはブラウン管テレビの電磁波を体でキャッチし、ギターアンプに繋がったシールドケーブルを足に取りつけることで音を鳴らすというもので、歪んだ音色と明滅するモニタの映像が刺激的。こちらは第13回文化庁メディア芸術祭アート部門優秀賞を受賞している。

 

【WONK】
ロバート・グラスパー以降、YouTube世代のソウルバンド

ロバート・グラスパー・エクスペリメントやハイエイタス・カイヨーテへの日本からの回答とも称される彼ら。そもそもの結成のきっかけは故Jディラのようなビートミュージックをバンドで表現したいというものだったそうだが、そのサウンドはジャズやソウル、ヒップホップといったブラックミュージックのエッセンスが凝縮されたシャレオツかつ上質なもの。メンバーのEZAKIは昨年『TuneCore Japan』のインタビューで、テクノロジーがもたらした、国境や時代を越えて名曲を聴くことができ、インスパイアされる90年代生まれの世代について「YouTube世代」とまとめていたが、まさしく彼らの音楽はそんな現代的な感覚のたまもの。そんな彼らの独創性やインプロを駆使したライヴは多方面から支持を集め、今年はホセ・ジェイムズのアルバムにリミキサーとして参加するなど世界からも注目されている。

 

【SARASA / NAOKI SERIZAWA】
コアな音楽性を武器にマルチに活躍する2人

日本生まれNY育ち、世界を股にかけ活動するDJ SARASA。ファンク〜ディスコ〜ソウル、ブレイクビーツからハウスまで多様なサウンドをクロスオーバーさせる独自の選曲と世界観、DJスキルはコアなファンを唸らせ、あのクエストラブが「ヤバイDJだ」と絶賛するほど。シンガポールの5000人規模のパーティからNYのBlue Note、さらにはファッションブランドの主催イベントまで幅広くプレイ。一方のNaoki Serizawaは渋谷WOMBで開催されているパーティ『LiLiTH』のレジデントDJにしてダンスミュージック誌『FLOOR』編集長。10年以上のDJ経験からなる徹底した現場感覚と音楽誌で培った知識を武器に、『FUJI ROCK FESTIVAL』や『ULTRA JAPAN』に3年連続出演。今年6月にはバルセロナのレーベルショウケース『CREW LOVE』でヨーロッパデビューするなど、その活躍にますます期待が集まる。

 

【Hiroyasu Tsuri】
ストリートから公共空間へ、侵食するペインター

10代でスケートボードやグラフィティーといったストリートカルチャーの洗礼を受け、18歳で単身オーストラリアへ。その後10年をメルボルンで過ごし多数の壁画を制作。多くのグループ展や個展も開催し、2008年には使用済みのスプレー缶1000本に手描きの絵を描いた個展『1000缶展』を開催し人気が爆発。彼の作品はオーストラリア国立美術館に作品が収蔵されることに。絵画、彫刻など、様々な表現形態を行う彼だが、なかでも最も高い評価を集めているもののひとつが建築物の壁面をキャンバスにしたパブリックミューラル(公共壁画)。メルボルンや2014年から活動拠点としているベルリン、名古屋など、実に1年の半分は世界各地を飛び回り壁画の制作や個展を敢行しているという。それはひとえに彼の才能を世界が認めている証左だといえるだろう。

 

【澁谷忠臣】
面と直線を駆使した独自の画風で台頭

彫刻の造形作家を目指していた澁谷が編み出したのは、様々なモチーフを直線と面で分割し再構成した独特のアートスタイル。読者の中には米『FORTUNE MAGAZINE』誌でスティーヴ・ジョブズを描いた作品が記憶に残っている方もいるのではなかろうか。ブラックミュージックのグルーヴ感やロボットアニメ、工業製品の文字が持つ人工的なシルエットに影響されたという独特のタッチは海外でも高く評価され、GIVENCHYのバッグのエンブレムデザインやNIKEJORDAN BRANDでのマイケルジョーダンの88年スラムダンクコンテスト優勝を記念したTシャツのデザインなど多くの企業が彼に制作を依頼。国内でもラッパーANARCHYのメジャーデビュー・アルバム「NEW YANKEE」のジャケットも大きな話題となった。最近では新潟市の依頼で巨大ミューラル(壁画)を描くなど彼の活躍はとどまることを知らない。

 

【ARISAK】
ダンスと写真撮影の境界を越えるフォトパフォーマー

10年にもおよぶフィギュアスケートの経験にインスパイアされ、フォトグラファーとして表現活動の世界へ足を踏み入れたARISAK。ダークで妖艶、そして毒気を孕んだ独自の美学を追求した作品は『Vogue』のイタリア版写真審査サイト『Photo Vogue』の審査を通過するなど評価が高く、最近ではブルゾンちえみを撮影した作品がInstagramで話題になったことも。また、パーティなどで演者のダンサーやオーディエンスとダンスしながら写真撮影する“踊るフォトグラファー/フォトパフォーマー”として特異なスタイルを確立。DiorやDIESELといったハイファッション系のパーティでも活躍しているほか、自身もCMやミュージックビデオに出演するなど、フォトグラファーとしてはもちろんパフォーマーとしても熱視線を浴びている若きアーティストである。

 

【MILLERBOLLER】
『Burningman』が認めたミラーボールアーティスト

ダンスフロアを彩るあのミラーボールを数百個用い、光と反射のインスタレーション作品を作り出す集団がいる。打越俊明率いるMIRRORBOWLERだ。そこには2000年に得た“天啓”によってミラーボール作品に目覚めたグラフィックデザイナーの打越のほか、写真家や美術家、照明係など様々なメンバーが在籍。2003年に会場装飾として参加した『FUJI ROCK FESTIVAL』が大きな反響を呼び、その後もフェスはもちろん、CartierやChaumetの新作披露パーティ、表参道ヒルズや大阪万博記念公園など全国各地のイベントに参加し多くの人々を魅了し続けている。昨年はネバダ州の砂漠で開催されるアートフェスティバル『Burningman』に参加し作品を発表。その作品『-Egg of Hope-』は『Burningman』オフィシャル新聞から「今年最も美しい作品」と称された。

 

【R領域】
廃材をアートに作り変え、非日常空間を彩る

シェイクスピアの四代悲劇『マクベス』に出てくる印象的なフレーズに「きれいは汚い、汚いはきれい」というものがある。視点が変わればものの価値が変わる、こうした価値観の転倒はアートの領域でもたびたび試みられており、ゴミを用いたジャンクアートはもとより、排泄物を缶詰にした芸術家も存在する。R領域はそうした文脈とはまた少し違うアプローチで廃材によるアートを展開している作家だ。彼は世界屈指のアートの祭典『Burningman』をはじめ、オーストラリアの『Maitreya Art &Music Festival』や日本の『FUJI ROCK FESTIVAL』、『SUMMER SONIC』といった音楽フェスティバルのような、非日常の祭典に共振し活動。無機質で人工的なスクラップと植物などの自然を混ぜ合わせ、近未来的で幻想的なオブジェを作り上げている。

 

 

BACARDÍ “Over The Border” Launch Party Tokyo

日 時:2017年6月29日(木)19:00〜23:00 予定
会 場:TABLOID
住 所:東京都港区海岸2-6-24
料 金:完全招待制(BACARDÍ “Over The Border”オフィシャルサイトにてメンバー登録ください)
出 演:
TOKiMONSTA [Live]
SOFI TUKKER [Live]
Anna Straker [Live]
Ei Wada’s Braun Tube Jazz Band [Media Art]
DJ Sarasa [DJ]
Naoki Serizawa [DJ]
Hiroyasu Tsuri [Live Painting / Gallery]
澁谷忠臣 [Gallery]
ARISAK [Photo Performer / Gallery]
AIBA [Lighting Artist]
R領域 [Installation Art]
MIRRORBOWLER [Installation Art]

 

 

BACARDÍ “Over The Border” Launch Party Osaka

日 時:2017年7月1日(土)15:00〜21:00 予定
会 場:クリエイティブセンター大阪
住 所:大阪市住之江区北加賀屋4-1-55 名村造船旧大阪工場跡
料 金:完全招待制(BACARDÍ “Over The Border”オフィシャルサイトにてメンバー登録ください)
出 演:
TOKiMONSTA [Live]
SOFI TUKKER [Live]
Anna Straker [Live]
WONK [Live]
DJ Sarasa [DJ]
Naoki Serizawa [DJ]
Hiroyasu Tsuri [Gallery]
澁谷忠臣 [Gallery]
ARISAK [Photo Performer / Gallery]
AIBA [Lighting Artist]
R領域 [Installation Art]

Recommend Posts

Related Posts

Popular Posts